denture

歯が無くなったら(補綴治療)

 

当院では抜歯にならないよう予防や治療をしていますが、やむを得ず抜歯になることもあります。

歯が無い場所には人工の歯を入れることにより、見た目や咬む機能をできるだけ取り戻します。

ブリッジ

両側の歯を削って土台にして、連結した被せ物を入れる方法です。

〇メリット
保険適用のブリッジがある
抜歯前と同じように咬むことができる

〇デメリット
両側に歯が無いと入れられない
両側の歯に負担が生じて歯の寿命が縮まりやすい

義歯(入れ歯)

取り外しする人工の歯になります。

〇メリット
保険適用がある
多数歯欠損(無歯顎)でも比較的簡単に安価に作れる

〇デメリット
違和感が強い
見た目が悪い
抜歯前より強く咬めない

インプラント

人工の歯の根と被せ物を入れます。

〇メリット
抜歯前と同じように咬むことができる
ブリッジと異なり両側の歯に負担がかからず、逆に負担軽減にもなる

〇デメリット
保険適用外
外科処置を伴うリスクがある
メンテナンスを怠ると喪失しやすい

どれがいいの?

それぞれメリット・デメリットがあり一概には言えません。担当歯科医師・歯科衛生士としっかり話し合い決定することになります。

補綴治療の種類と価格

※当院での保険適用外治療の本体概算料金です。

オールセラミックスブリッジ
 30万円(1歯欠損の土台の歯2本、計3本被せ物の場合)

ノンクラスプデンチャー:金属を使わない見た目が良い義歯です
 12万円~

金属床義歯:比較的強く噛める義歯です
 20万円~

インプラント
 35万円~

上記は一例でほかにも種類はありますので、詳しくはご相談ください。